原因を知って未然に防ぐ|恐ろしい脳梗塞の闇に迫る

医者

腹部の癌が転移すると

看護師

癌性腹膜炎は、腹部にできた癌が腹膜に転移して起こるもので、嘔吐や腹水、膨満感などの症状があります。主に腹水の検査によって診断され、薬物中心の治療が行われますが、癌の種類によっては手術をすることもあります。また癌性腹膜炎のみならず癌全般を防ぐために、NK細胞を活性化するという方法も採られています。

もっと読む

脳動脈の血栓は要注意です

女の人

高血圧の人は特に用心を

脳梗塞という病気をご存知でしょうか。脳へ血液を送る動脈が、血栓ができて詰まることで血流が悪くなり、脳細胞が壊死する病気のことです。この病気は特に高血圧が原因であることが多いため、まず血圧を下げる治療をするのが一番の予防策です。その他に心房細動という不整脈が原因のこともあり、これは特に高齢者に多く見られる傾向があります。脳梗塞は本人が知らないうちに罹っていることが多いので、血圧の高い人は特に、普段から健診を受けておくことが大事です。また脳梗塞に罹った時の治療方法は手術ではなく薬物投与、特に点滴が用いられます。最近ではt-PA静注治療法という、血栓に働きかける治療方法が注目を集めており、特に重症の患者には効果的であるといわれています。

ふだんの生活も見直して

脳梗塞の予防には、ふだんの食生活の改善も大事です。たとえば発病は朝が多く、季節的には夏が起こりやすいとされています。これは水分不足が原因であるといえます。また朝は交感神経が緊張するため、血圧が上がりやすくなることも、脳梗塞が起きやすくなる原因の一つです。それ以外には、やはり煙草は避け、塩分は控え目にした方がいいでしょう。そして青魚やクエン酸、ビタミンCやE、カロチンを摂ることが望ましいといえます。また納豆も効果がありますが、血栓を溶かす作用があるので、出血しやすくなる点に注意が必要です。また、手足を動かしにくいとかろれつが回りにくい、視野が欠けるというような時は一過性虚血発作といい、脳こうそくの前触れですので、すぐ病院に行くようにしましょう。

自律神経失調の治療

病棟

自律神経失調症は、慢性化すると様々な合併症や生活習慣病へと繋がる危険性があります。早期発見・早期治療をするためには、早めに内科を受診することが大切です。自律神経失調症の治療は、薬物治療、生活改善が基本となります。生活改善においては、様々なストレスについて知り、それを解消していく必要があります。

もっと読む

定期的な検診が大切です

観葉植物

女性の乳がんに対する認知が広まったことによって、検診の受診率は増加傾向です。しかしながら、恥じらいなどが先行して多くの女性がためらっているのも現状です。乳がんは早期に発見すると完治するケースが多いため、積極的に検診することが大切です。

もっと読む